青春という名のラーメン

・前回の記事の内容を、一応補足しておきたい。

 

・クイズ番組に出題する、という観点から言えば、1回戦で「10問目にどういう問題が来たかによって、著しく有利になったり不利になったりしたこと」そのものに対しては、別に批判する気は無い。クイズ番組なんてそんなもんだから。クイズ番組というものはそれなりに不公平であり、運も重要であり、そういうものであり続けてきたわけで。「全てのクイズが公平であるべきだ」とは、一切思っていない。

 

・ただ、「努力が報われる」と高校生を煽っておいて、出題される問題の有利不利の差があんなにも眼に見える形で存在することに対して、いかがなものなのか、と言いたいだけなのである。クイズだから、完全に公平にすることは無理である。そのくらいは理解しているつもりである。それでも、「努力が報われる」と参加者が思えるための最低条件として、せめて公平な感じを演出しようという努力があって然るべきではないか。

 

・クイズ番組において、完全に公平な状況を演出するのが非常に難しいものであるのは承知している。出題される問題による有利不利は、クイズにおいてどうしても否定できないものであるから。それでも、いやしくも「努力が報われる」と標榜するのであれば、もう少し何とかしなければいけないのではないか。それが無理なら、「努力が報われる」などと、言わなければ良いのだ。

 

・私が本来の自分の思想(努力なんてクイズに関係ないさ、というような思想)を枉げてまで、何故ここまで「完全にフェアな状況でやってほしい」と言っているかというと、彼らは部活動やら同好会活動やら、そういう学校の教育活動の一環としてクイズを行っているからである。テレビなんて、ピュアな人をだまくらかしてマジにさせて、その姿を見世物にするものである。そんなことは高校生もたぶん分かっている。ただ、部活動やクラブ活動としてマジにやっていて、高校生クイズを「インターハイ」くらいに思っている生徒達を出場させている責任くらいは、感じてほしいと思うのである。

 

・私がクイズを高文連に入れない方が良いという理由の1つに、クイズをしている高校生達がマジすぎるから、というのも、確実に存在している。クイズという遊びは、今後どれだけ競技化が進んだとしても、ウブでありマジすぎる人に対して真に適切に対処できるほど、厳密な競技になり得ないと思う。部活の大会には向かないのだ。結局、クイズ大会はエンタメであることからどうしても逃れられないということです。かといって演劇部門や吹奏楽部門のように、完全なる審査で勝敗を決めることも無理だし(審査基準を審査員めいめいが長文で述べ合ったとしても)。

 

・もうひとつだけ。昨日午前中、NHKで「これがボクたちの青春!〜高松工芸高校ボクシング部〜」というのが再放送されていた。番組中、ボクシングの試合シーンはごくごく最低限に限られていて、それ以外の高校生の心の動きに焦点が当てられていた。ボクシング番組ではないから、当然である。紹介される部員の抱えているものが、一人一人違うから、ずっと見ていられた。

 

・「鳥人間コンテスト」もそうだ。飛ぶシーンより、それ以外のシーンの方が圧倒的に長い。つーか、「高校生クイズ」もそうだよね。

 

・で、結論。どうも私が高校生クイズにはまれないのは、結局クイズをする高校生がみんな同じに見えてしまうからではないか。今のクイズは、どうしても個性的なプレーヤーが、個性をぶつけ合うようなクイズになりにくい。クイズに精度が求められれば求められるほど、そうなる。これは、どんな分野でも起きていることである。今あり得る個性というのは、藤井聡太ばりに「超強い」ということだけかもしれない。でもまあ、人間だから、微妙に個性的であるはずなのだ。どうすればそれを見せられるか。

 

・今までは「県代表」という要素が、最低限の「チームの個性」を担保していたのだが、それがなくなった今、2時間番組の中で高校生の個性を表現しきるのは難しい。いっそクイズのシーンを今以上に極限まで削るしかないか。どんだけ事前の努力をしまくってきたかVTRで紹介し(そこで個性をなるべく見せまくる)、クイズはほんのわずかのダイジェストだけ見せる。これでも「青春」はすべて見せきることができる。「24時間テレビ」の手法ですね。で、クイズそのものは有料サイトでじっくり見せる。解説したそうな人に解説させれば尚良し。問題を電子書籍として販売する。このビジネスモデル、完璧じゃない? どっかで見たようなモデルだが。

卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう

高校生クイズ視聴。今回の高校生クイズについての感想は、一切書かない予定だったが、やはり少し書く。全体に、かつての「知識の甲子園路線」を復活させ、出題範囲を明確にして、対策しやすくしつつ、ソフトにした印象。

 

・1回戦は「努力が報われたかどうか」より「10問目が答えやすかったかどうか」で決まっていましたね。にしても、どういう努力をすれば易しい問題を引き込める力を得られると言うのでしょうか。

 

・かつて福留功男氏は「ウルトラクイズはドキュメンタリーだ」と言っていたが、今回の高校生クイズこそ「ドキュメンタリー」なのだろう。だって、クイズ問題を見せようという気があまり感じられないんだもの。クイズは二の次なのだろう。だから、「クイズ番組」ではないのだ。そう思えば、どんな問題が出てても腹が立たないでしょう。

 

・私は「キン肉マン」は第7巻までで良いと思っている人間である。つまり、「青春」とか「友情」とか「団結」とか、そういうものをクイズに持ち込むのがあまり好きでは無い。だから、申し訳ないが(高校教員なのに)純粋にクイズをしているシーン以外は飛ばして見てしまった。

Soldiers, Don’t fight for slavery! Fight for liberty!(The Great Dictator)

・今回は珍しく、恐惶謹言モードで書いてみる。

 

・私のように何かと文句ばかり言っているチンピラクイズ者などとは、根本的に違うのである。だから、恐悦至極に存じております。今、私がお金を出して買いたいと思うクイズ問題は、基本的に田中健一さんのものだけなのです(お世辞ではなくマジで)。なお、鶴君の問題集を購入しているのは、いつもタダでデータをくれるのが、なんだか申し訳ないからである。

 

・決して何かを声高に主張することはないが、作成し発表した夥しいクイズ問題群が、静かに全てを物語っている。これが既にカッコいい。尊敬に値する(もちろん、だからといって100%心酔するわけではないけどね)。

 

・ご自身の影響力を知っているから、権威を振りかざすようなことは一切なさらない。今回も(私と違い)様々な方面を気遣いながら、抑制的に意見を述べられた。クイズの世界を広げるためにである。こういう先輩がいつも目をかけてくださっていると思うと、こんな私でも、ヘタなことは書けないなあと思うわけであります。

恋がどうした愛がどうしたとか うわ言のような詩が書いてあるだろ!(両津名言シリーズその1)

・最近更新してないので、些か旧聞に属するが、手に入れた証拠でも。

 

・せっかくなのでもう少し書く。高校生クイズにしても、作問甲子園にしても、とかく最近のクイズはコンセプトやら審査基準やら、なんだか口幅ったい。理念のような理想のような情熱のような思想のような、そういう「作文」を発表しないと、大がかりな(=大人数を納得させる)大会はできないということだろうか。

 

・大学時代に教わった「クイズなんか、その場にいる人が面白ければそれでよい」ということが、心に深く沈潜している私からすると、こういう風潮が非常にうっとうしい。久しぶりに「たかがクイズじゃねえか、ぐだぐだ言う必要があるのかね?」と声高に言いたくなっている。

 

・「作問甲子園」について。一人一人の審査員が、審査基準を発表する必要があるのだろうか。大会運営委員会がざっくりした基準を設けるだけではいけないのか。なお、基本的に私は「クイズの作問を審査すること」に、反対である。まず、審査員が権威を持つことがそもそも嫌だ。私なら「あなたがたに審査されたくない」とか言いそう(高校生のときでも)。でも、高校生は、評価されることにどんどん抵抗感がなくなってきている(教員25年目の実感として)。だからこそ、作問くらい自由にさせなよ。

 

・だいいち、作問まで「競技」にして競う必要があるのか。結局、一定の基準(「早押しに向いている」とか「解答者に答えてもらおうという姿勢が現れている」とか、そんなの)に沿った、「作問上の失点」の少ない「上手な」問題群が評価を受けるのだろう。それでクイズは面白くなるのか。いや、そもそも面白い問題なんか世間で求められてないか。

 

・一応付言しておくが、高校生が問題を持ち寄ってクイズ大会をすること自体は、全然否定していない。作問はクイズの醍醐味である。AQLがクイズ研究会の拡大例会のような位置づけであれば、それが理想だろう。ただ、AQLは大きくなりすぎてしまった。そして、競技的になりすぎてしまった。私が問題視しているのは、AQLは不特定多数のクイズ者が「早押し」だけで競い合うシステムを取っているため、「早押しに向いた問題を出題すべきだ」という有形無形の力がはたらき、結局自由な作問や出題ができないようになってしまっていることである(これは現在至る所で見られる現象である)。逆説的ではあるが、多くの高校生が問題を持ち寄る大規模な大会より、田中健一さんひとりが作問しているやや小規模な大会の方が、クイズ問題の可能性を広げているのではないか、そんな気がしてならない。

遠くであなたが 呼んでる気がする アナ アーウィズ アローホ NILE

・5月4日(水)に、TQCのOBによるオンラインクイズに参加した。年を取り、クイズから距離を置いて生活していると、クイズというものが日常と違う頭の「働かせ方」を強いてくるゲームであることを、強く感じる。しかも、問題によって異なる「働かせ方」が求められる。さらに、個々の問題が読まれ始めても、その問題ではどういう「働かせ方」が求められているのか、にわかには判然としない場合が多い。そういうクイズばかりを、30年近く志向してきた。作題者としても解答者としても、である。

 

・そういう姿勢でいる限り、生涯を通じて、どんな問題でも楽しめるし、どんな知識でも自分なりに料理して問題を作れる。ただ、頭が固くならないように気をつけて生活しさえすれば、であるが。

 

・で、結局何が言いたいかというと、「クイズで必要な努力は、柔軟な頭を保つことくらいじゃないの?」ということ。別にナゾトキに勤しめ、ということではない。「ナゾトキ」にそれほど柔軟な頭は必要ないと思う。

 

・ちなみに、高校生クイズには、基本的に興味がないので悪しからず。ただ一言だけ言うと、これだけコロコロ路線が変わる番組なので、どういう努力をすれば良いか予想がつかないんですけど。

 

・ちなみに、「99人の壁」のグランドスラマーの集い(なのか?)には、呼ばれてもいません。悪しからず。

 

・ちなみに、私は秋田のクイズ好きですが、Youtube出演に関わることには一切興味がありませんので悪しからず。

監督ばんざい

・私は副業のない現役の高校教員である。で、高校生のクイズを「部活動的な活動」にすることに、一貫して反対し続けている。かつ、ここ数年「クイズ同好会」の顧問をしている。それを前提とした上で。

 

・それでもどうしても部活動的にしたいのであれば、最低限、次のようにした方が良いと思う。①「司会者」を排除すること(出題者や審判は必要だけど)。途中経過を説明するような人も必要ない。見る人にとってどうすれば面白くなるかなど、一切考えるべきではない。②試合中に顧問・監督的な引率者がアドバイスをしたり声をかけたりすることを禁止する。ギャラリーによる応援も禁止。

 

・①について。司会者の言動が高校生のメンタル等に影響を与え、勝負の行方を左右する可能性がある。つーか、部活の大会で、試合の状況を選手に聞こえるように解説する人間がいるなどという状況は、絶対にあってはならない。まともな教員ならそう考えるはずだ。問題読みと正誤判定者、得点表示係くらいで良い。

 

・②について。応援やアドバイス、声かけを認めると、どうしても相手にプレッシャーをかける方向に使いたがる人が出てくる。絶対にそうなる。なぜかクイズをスポーツと同列に考えて、スポーツの応援やアドバイスのようなイメージを持ってしまう人がいる。而るに本当にクイズを部活動にしたいなら、文化部としての王道を行くべきである(だって高文連に加入したいんでしょう?)。将棋や囲碁の最中に応援やアドバイスをするか? たとえ「その方が選手のやる気が出る」という意見があったとしても、無視すれば良い。

 

・一般論として言えば、部活動の監督というのは、勝っても負けても、自分たちの戦術について軽々しく外部に公開するものではない。私はそう教わってきた。ましてそれがあまり褒められた手段でない場合は、なおさらである。そして言い訳をしない。部の監督というのはそういうものなのである。

 

・結局、クイズを部活動にするために最も欠けているのは、「クイズによる部活動を通して、どのような教育的効果を目指すか」という点だろう。私には、その答えが思いつかない。教育的効果を上げるためにクイズを使うのは、どだい無理だと思っているからである。それでも部活動として世に認めさせたいなら、せめて「教育的効果とは真逆な行動」を取らないようにしないといけませんね。

Ya Ya(あの時代を忘れない)

・『ラジオの昭和』(丸山鐡雄・幻戯書房)という本を読んでいて、気になる内容を見つけた。調査のしようが無いので、ここで紹介してしまう。なお、著者の丸山鐡雄はNHKのプロデューサーとして活躍した人物であり、丸山眞男の兄である。

 

・この書によると、昭和15年の秋に放送された「演芸お好み袋?」という番組は、「クイズ番組のハシリのようなものだ」という記述がある。内容は、「落語でおなじみの町内の顔役のご隠居さんが自分の家で懇親会を開き、芸自慢の連中にそれぞれ芸を披露させ、最後にアナウンサーが只今の司会のご隠居さんは誰、歌謡曲の若旦那は誰、浪花節の熊さんは誰という具合いに出演者名を発表する趣向」だったそうである。

 

・第1回のご隠居は徳川夢声(また出てきた)、他に東海林太郎小唄勝太郎柳家金語楼牧野周一らが出演した。で、第2回からは聴取者に出演者を当ててもらうハガキを募集し、正解者から抽選で百名に記念品を出したというのである。これをクイズ番組と言わずに何と言えばよいのか。

 

・正解者多数だったため、第3回では古川ロッパ徳川夢声声帯模写でご隠居役をし、前田勝之助浪曲物真似)が広沢虎造の声色を演じ、聴取者を引っかけようとした。それでも千人以上が正解したとある。なお、放送は第3回で終了している。

 

・「クイズ番組」という明確なジャンル分けが無い時分の話であるから、これを「クイズ番組のハシリ」と言えるかどうか疑問だが、戦前にも楽しいバラエティー番組を作ろうとしていた制作者がいたことは、記憶されても良いと思う。当該年度の『ラジオ年鑑』にも全く記載が無いし。でも、ラジオでラジオならではの番組を既に放送してた、ってすごくない?

 

・ということで、「独自研究」第2章もラジオ時代を取り上げる予定。いつ書き上がるやら。