固より、まだ世に行われておらぬ。

・現今のクイズの状況について、時代状況などと絡めながら分析をする論を書いている準備中に、昨日のような余計な書き込みをすると、どうしても言葉足らずになる。挙句、補足の書き込みが必要になる。ということで、非常に後悔している。 ・今、構想中のこと…

アラほんとに現代的だわネ

・今日は珍しく短く。何か書かなければいけないような気がしてしまったので。 ・すべての競技クイズがそうだというわけではないが、少なくとも一部の求道的な人々は、AIに近づくための努力をしているようである。膨大な問題を長時間にわたりインプットしま…

あそびならまだましよ 救われるから

・最近クイズから離れているが、クイズについてはそこそこ考えている。もっともクイズ研究者として身銭を切ることを身上とする私でも、8時間もの議論を聞くのは相当しんどいので、ここに記す感想はない。本になれば買うかも知れないけど。 ・「クイズ王は本…

組合員をおだてた演壇で社員に訓示する

・茂木健一郎氏の言説について、そもそも私は一向に要領を得たことがないので知らんぷりしていたが、あの温厚な上野先輩(兄)がここまでお怒りとは! 私も黙っているわけにはいかない(秋元さんが怒るのは普通なので)と思ったが、全然書くことが浮かばない…

ロマンスの神様(開き直ったアーティストシリーズその1)

・「アタック25」、録画していたものを視聴。まあ、番組的には理想的な展開だったんじゃないでしょうか。 ・ 私の感想は「こんなもんだよクイズなんて」。スイスの公用語の問題がネットを賑わしているが、ウルトラクイズでは「イタリア語」が答えだったわ…

究極のジャンル早押し通過クイズ(言い過ぎなタイトルシリーズその1)

・この記事を見て、思い出したことがある。私も、この本は所有している。 ・元々は水谷さんの家で見たのだが、その後購入した。自主出版のため、なかなか流通していないようだが、この本以上に密度のあるクイズ本は、他にあまり見たことがない。平成5年発行…

トッパライでチェージューって言ってたんだけど、ゲーマンでいいかな(名作「竜泉七変化」より)

・「クイズ界論」にしろ「クイズ論」にしろ、論じる対象は一般論としての「クイズ界」とか「クイズ」とかなのに、「それを好きな自分という人間」の存在が個別に否定されたと思ってしまっている人がいるような気がする。Twitter上での議論により、こういうこ…

あえて本音で上げてみる(教えよう!より)

・「ユリイカ」、少しだけ読んだ。自分の思考の整理のために少しだけ覚え書き。結構何回も書くネタができちゃったようなので。 ・冒頭の鼎談。「共犯関係」にまで踏み込んで書いたことが驚きであった。もちろん、ここで述べられている共犯の内実についてはこ…

うらみ侘びほさぬ袖だにあるものを此の四五日は雨の日ぐらし

・久々に、問題をアップしました。普段から「ちゃんとした問題」のみを好む人は、絶対に見ないでください。 ・先日、あるペーパークイズをネットで手に入れて見ていたら、「雲隠れにし夜半の月かな」の詠み人は、という問題があった。 ・仕事柄、私には一瞬…

準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響

・なぜか急にこんな書き込みが数日前に。私はこっちの方が御大の意見を簡潔にまとめているような気がする。この考え方に深く深く共鳴したから今の私のクイズ問題群が存在しえたのだ。つーことで、今回はちょっとだけ自分の話を。 ・私にとっての水谷さん(私…

こりゃ大変ですヨとニヤついております

・本日、無事落掌。まだ読み始めていない。この本が当分私の文机に置かれ、読了後、古今の名著と共に書架に陳列されるかと思うと、柄にもなくにたにたしてしまう。 ・この私が2000問を読み通すのは何日後になることか。すばらしい日々だ。力あふれ。というこ…

重力を離るる寂しさに蝶は(夏井いつき)

・秋田では日曜正午から放送している「プレバト」はあまり見ないのだが、国語教師なので俳句の添削は大変勉強になる。以前、あるクイズ関係の方(別に伏せなくてもいいのだが)から「プレバトの先生の言っていることは合っているのか」という趣旨のことを訊…

おしつけ道徳さようなら

・忙しい。生徒は学校に来ていないが(秋田市は4/13~26の間休校)、例年忙しい4月、仕事はいくらでもある。担任を外れたのに、県高文連の将棋部会の委員長になったり(私は将棋できません)、進路副主任をしたり(前任校で主任をしてたときより仕事が多い)…

手とり足とり教えます(この歌詞は何という歌シリーズその1)

・フジテレビで放送されたドキュメンタリー番組に、「放送禁止歌」(森達也)というのがある。この中で「言葉を言い換えて唄う気は?」と聞かれた高田渡氏が、いつになく厳しい声と表情で「しない、そういうのは一切無いですね。そういう風にして表現したい…

「うるわしの」もしくは「かぐわしの」

・親知らずを抜いてから、やけに疲れやすい。更新するのも滞る日々。 ・先日更新したボツ問題の解説に誤りがあったので、訂正しました。お詫びします。アホですね。指摘してくれたツッチー、感謝します。彼のクイズ問題もなかなか味があるので、是非ご覧頂き…

それで自由になったのかい それで自由になれたのかよ

・やっぱ書かずにはいられないので、書きましょか。ちょっとだけ。 ・「イチグラ」である。私の立場は、既にここに記したとおりである。で、今回の審査講評であるが、現在公表されている「日経賞」「QuizKnock賞」については、まあクイズの世界を広げる役割…

見れば~~~(クレヨンしんちゃんっぽく)

・ボツ問を50問ほどアップしました。ま、お目汚しに、ってことで。

おんなじこと2回もやってんねんから(田中だよ!全員集合~)

・進学校の3年担任などということをしていると、前期入試までひたすら忙しい。毎日東大の過去問(国語)を解きまくっている。ということで、前期入試の日は朝から東大近辺に出没(もちろん仕事)する予定。 ・先週末のクイズ的なものにひとことだけ。 ・「…

こんな天気は僕には似合わないんだと 肩をすぼめて歩く時

・なんか昨日から今日未明にかけて、やたらアクセス数が多かったようだ。私の考えなんか別に読まなくてもよいが、そこから私のクイズ問題にアクセスした人が多くなったとしたら、これに勝る喜びはない。 ・私のHPやブログの内容としては、あくまでもクイズ問…

日経エンタテインメント!

・問題をアップしました。30問だけですが。 ・AQLが日本経済新聞社と共催になったそうだ。こないだの東北大会には、私の勤務校のクイズ同好会も参加した(本人達の希望ですよ、あくまでも)のだが、「この大会がどういう大会か」「加盟するとは、どうい…

オレだけの秘密の戦略

・で、お前は結局何が言いたいんだ、と思っている人が多いだろうから、前回の続き。 ・前回述べたように、「史上最強のクイズ王決定戦」は、昭和クイズ番組ブームと、当時の最新早押し理論を同時に達成することで、すべての世代のクイズプレーヤーに対する配…

時を戻そう

・史上最強とウルトラ13回の関係性について、書いていなかったことがあるので、何となく書いてみよう。新年から長文でっせ。 ・第13回ウルトラからややあって発売された長戸本では、氏がウルトラ攻略のために整理して実践した「早押し理論」が発表された…

たまたま私たちは、走っているのを見ないのです

・いろいろなツイートにインスパイアされて、自分の昔の文章を読み直した。私がここ20年近く、一貫して問題意識として抱いているのは「なぜクイズは広がる方向ではなく、狭まる方向にしか進まないのか」という点である。クイズは何でもありのはずなのに。 …

一つには、物くるる友。

・高校生クイズ決勝のベストは?という話が少しだけあったので、私も少しだけ。私のベストはやはり第7回かな。山形東の3人のバランスが究極に良い(暇な人は各人の解答数を数えてみよう)。終わってから東大寺のエースに話しかける福留氏のコメントがまた良…

正座して見なさい

・この記事を見て、第10回決勝を見たが、改めて名勝負であると思った。つーか、こっちの方が伝説になってもいいんじゃないの? 見応え抜群。あえて、褒めすぎと言いたくなるくらい褒めてみる。 ・私が思ったこと。1つめ、クイズ問題の絶妙さ。「立正安国論…

今でもまだそんなはずがないと思っている

・「昭和40年男」は立ち読みして面白そうなら買う程度だが、最近は買う頻度が上がっている。小林克也や石川次郎に惹かれて結局買った最新号、アメリカ特集。なぜか「第13回ウルトラクイズ」の記事が。「なぜ?」と思ったら、チャンピオンが昭和40年男な…

青春の影

・大昔の問題を少々アップしました。思ってたよりちゃんとしてる問題が多くてほっとしている。でも、何度でも言いますが、クイズの勉強には役立ちません。「チューリップのボーカルは、普段は財津和夫ですが、「心の旅」のときのリードボーカルは誰になる?…

そんなもんだよ人生は(Wヤング)

・平川師匠逝去! 昭和お笑い史が、少しずつ幕を閉じていく。初代も2代も、Wヤングは好きでした。残念。 ・「QUIZ JAPAN」最新刊をやっと手に入れた。前号より200円くらい値段が上がっているのは、冒頭のグラビアが多いからか? あんなに同じような写真ばか…

アザラシ言うな、タマちゃんじゃ!(心にもない言葉シリーズその1)

・久しぶりの「99人の壁」は、クイズ屋に夢と希望を与えたという意味では、たいへんよかったのではないでしょうか。とか言っちゃったりなんかして~。 ・「志村どうぶつ園」の裏で動物クイズ出しまくりという、なかなかすさまじい選択をしたわけだが、まさ…

If you wanna dance with me

・旧ブログの文章をすべてこちらに移行しました。移行した理由は、私がイッキ読みしたいから。だから、こんな昔の文章、誰も読まなくて良いです。 ・私と勝負してくださるという奇特な方がいらっしゃった。こういうときにレフェリー役っぽく「私が問題を作る…